SERVICE研修事例

CASE研修事例

次世代育成研修

研修概要

目的
次世代コア人材を総合的に育成する
対象者
役付者以上(あるいは6〜7年目)
期間
3ヵ月 ※6ヵ月コースもあり
人数
30名以下/回
開催月
随時
方法
集合研修(1.5H×3回)とWeb上での振返りの組合わせ
内容
1.これから求められる人材とは〜30年後を思い描く
2.企業が提供する本質的価値&イノベーションについて
3.リーダーに求められる人間の質と型(リーダーシップとモチベーション、信用力とコミュニケーション)

研修の位置づけ

  • 対象者は新任役付者を想定。会社の全体像や方向性を考えることで、役付者としての意識向上を目指す。
  • マクロ情報と自分の日常業務とを結び付け、具体的な行動変革(問題発見や業務改善等)につなげる。役付者として視野を広げ、一段高いレベルで業務を行うための土台となる内容。

内容 1.これから求められる人材とは〜30年後を思い描く

テーマ
「これから求められる人材とは」
目的
答えのない時代において求められる能力を知る
自分で会社の将来を具体的に思い描く
  • 自社概要・業績推移・セグメント別売上推移
  • 30年後の想定
  • 日本経済のマクロ環境
  • 企業を取り巻く環境
  • 求められる人材とは

内容 2.企業が提供する価値とは

テーマ
「企業が提供する本質的価値とイノベーション」
目的
顧客にとっての企業の本質的な価値を考える
イノベーションを生み出す環境を考える
  • 企業価値と本質思考
  • 競合の出現と商品の価値について
  • 顧客の創造とは
  • イノベーションとオペレーションの違い
  • 世界一になろう

内容 3.リーダーに求められる人間の質と型

テーマ
「リーダーに必要な、人間の質と型」
目的
リーダーシップとモチベーションの関係を知る
信用を築くコミュニケーションの原則を知る
  • モチベーションあってのリーダーシップ
  • 信用力とは何か
  • 話すこと、聴くことの機能と効果
  • 自分を修め、他人と善く付き合う
  • 「あるべき姿」を考え、「為すべきこと」を知る

実践期間とサポート

理解・実践・フィードバック習慣化

モチベーションの醸成向上心・応用力

  • 3ヵ月間の段階的・継続的なカリキュラム。OJTと並行させることで学習内容の実践を意識づける。
  • 毎月Webでの課題提出とディスカッション、月末の振返りを実施。講師が個別にフィードバックし、双方向の個別指導を実施。
  • 週1回のメールマガジン配信。心に残る古典の箴言に触れることで高いモチベーションを維持する

効果の見える化

目的
1.研修成果の定量化
2.受講生自身の行動変革に対する意識付け
  • 1【必須】受講生による行動変革シートの作成
  • 2【OPTION】上司・同僚によるアセスメント
  • 3【OPTION】最終プレゼンテーション大会
次世代育成研修カリキュラム案【PDF】 ※各回の内容はOJTの進捗応じて随時変更可能です。貴社との相談、受講者の状況に鑑みて実施します。

若手向け勉強会

テーマ
若手向け勉強会(6ヵ月コース)
目的
次世代を担う若手社員の視野を広げ、主体的に物事を考えられるようになる。
内容
最先端の話題や管理職にステップアップするのに必要な基本スキルを扱いながら、ディスカッションと講義 を織り交ぜて気づきを与え、視野を広げていく。アウトプットへの抵抗感をなくし「次世代育成研修」等のより実践的なプログラムへの橋渡しになる研修。
イメージ
若手向け勉強会カリキュラム案【PDF】 ※各回の内容はOJTの進捗応じて随時変更可能です。貴社との相談、受講者の状況に鑑みて実施します。

チームワーク力向上研修

目的
プロジェクトやチーム単位での働き方を学び、実践出来るようになる
対象者
新入社員・2〜3年目若手社員
期間
6ヵ月(平成27年4月〜9月)
方法
月1回の集合研修×6回+Webでの課題提出・フォロー等
内容
チームにおけるコミュニケーションの取り方
プロジェクトにおける仕事の進め方
プレゼンテーション発表を設け、模擬プロジェクト実施
イメージ
チームワーク力向上研修カリキュラム案【PDF】 ※各回の内容はOJTの進捗応じて随時変更可能です。貴社との相談、受講者の状況に鑑みて実施します。

新人研修(マナー・コミュニケーション)

テーマ
新人向けマナーコミュニケーション研修(3ヵ月コース)
目標
社会人としての行動・言動の基本を学び、高い目標を設定する。
内容
マナーの必要性に関する理解と実践、高い目標の設定
チームにおける働き方、コミュニケーション取り方の理論と実践
イメージ
新人研修カリキュラム案【PDF】 ※各回の内容はOJTの進捗応じて随時変更可能です。貴社との相談、受講者の状況に鑑みて実施します。

SURVEY研修アンケート

「これから30年間で求められる人材とは」アンケート※中堅システム保守企業に対する1時間研修

1.本研修を受講して、これから具体的に始めてみようと思うことはありますか。
  • 得た情報に対し、倍の量を考えることを始めようと思います。得た情報を様々な物事に結びつけ、今自分がすべき行動を導き出し、実践します。
  • これまでの業務では指示を受けた時は内容をこなすだけであったことが多くありましたが、今後は100%ではなく120%の結果を出せるように思いを持って考えながら行動していきたいと思います。
  • 本研修を受講し、マクロな視点で物事を捉える能力を養うためにも、IT業界だけでなく、異業種の方々との交流を深めていきたいと考えております。
2.同世代と貴社に関するディスカッションを行い、どのようなことを感じましたか。
  • マクロ環境などを要素とした、現実の状況を突き付けられた場合の、先を見据えた計画や意思決定が難しいことを実感した。
  • 「30年後の会社の売上高」という議題について自分が考えていたこととは別の意見や別の視点から考えていたりして、とても新鮮に感じました。
3.本研修のキーメッセージは「将来を具体的に思い描くこと」ですが、その点につき感じられたことをお書きください。
  • 漠然とした将来像は今まであったが、より具体的に考え、それに向けて今何をすべきか、5年後、10年後何をすべきか、していきたいかを考えることが大切だと感じました。
  • 将来のことについては、「いま取り組んでいる業務の延長」としか考えていませんでしたが、今後は先輩社員の業務にも注目し、興味を持って吸収していこうと思いました。
  • 本研修は有意義だったと思います。このままではこの会社はやっていけない、という危機感を覚えました。全社員に本研修を受けてもらいたいと思います。
4.本研修を通して印象に残った内容は何ですか。
  • 得た情報に対し倍の量を考えるという内容です。普段、私は情報を得ただけで満足してしまう傾向があります。自分を見つめ直す機会になりました。
  • 「問題は領域横断的に起きる」、問題発生時に、自分の業務はここまでだから、と思考を止めて知多経験があったことに気づき、行動を考えさせられる内容であった。
5.本研修は今後の自分の行動を変えるために意味があったと思いますか。
  • ややある 4/19(21%)
  • ある 10/19(53%)
  • 非常にある 5/19(26%)
ページの先頭に戻る

CONTACT

各種お問い合わせ・
サービスのお申し込みは、
下記からお問い合わせ下さい。

TEL.03-6875-9700

フォームでの各種お問い合せはこちら

株式会社マインドシーズ
〒104-0033
東京都中央区新川1-3-21

GoogleMap